魅力的な泡姫が待ってますよ!吉原ソープで気持ち良くなろう!

SOAP

吉原ソープに大衆店が増えた理由

可愛い女性

近年、吉原ソープランドに大衆店が増加しています。大衆店とは1万円台から3万円程度のお金で遊べるお店のことです。吉原のソープはマットやスケベ椅子などの濃厚なサービスを受けるために遊びに行くことが多かったとのことですが、現在は大衆店と高級店の2極化が進んでいます。吉原に大衆店が増えた理由のひとつに関東周辺風俗街の衰退が理由です。
2005年に埼玉県にある西川口の風俗街に大規模な摘発がはいりました。NK流と言われたリーズナブルなサービスを受けられるお店で働く女の子は吉原に流れたと言われています。千葉県にある栄町でも摘発ではないですが、お店がつぶれて女の子が多く吉原に移動したと言われています。このように周辺風俗街の衰退によって吉原に女の子が集中するようになっています。西川口や栄町で働いていた若い女の子が吉原に集中したため素人系でリーズナブルな大衆店が多く増えています。サービスの良い高級店としては働けませんが、回転率が高くシフトの固定が少ない大衆店の方が女の子としても働きやすい環境になり、多くの女の子が働いています。吉原の大衆店では一度遊んだ女の子が次に遊びに行ったときには退店していたという事が良くあります。大衆店では一期一会の楽しみ方が良いかもしれません。

ARTICLE LIST